カテゴリ:バッグの作り方( 3 )

 

*ミニマムバッグ 作り方 ①羊毛を並べる*

今回ご紹介するバッグはこちらですが、原毛の色や柄を変えて、お好みの物を作って下さいね。革紐やファスナー・ボタンなどを付けて、ポシェットやポーチに♪(このキットでは、革紐の持ち手・内ボタンを使用します)。まずは下記をご参照の上、必要な道具を揃えてください。

(ご注意)ただ今キット販売は準備中です。ご了承ください。

d0105731_2330945.gif

d0105731_20214773.jpg
<揃える道具>
①台所用洗剤
②バットor机に敷くビニールシート(机が濡れないようにするもの)
③ビニール袋
④めん棒
⑤まきす(3枚を糸で結びつなげておく)
⑥じょうろ
⑦タオル
⑧ハサミ
⑨ゴム手袋
⑩型紙用クリアファイル
⑪キッチンスケール
⑫フェルテイングニードル(無くても可)
⑬ミシン(無くても可)

<キットに含まれているもの>
①フェルト羊毛 (外側用)ピンク16g(内側用)白16g(模様用)適量
②型紙
③革紐1本(持ち手)
④カシメ4セット(左右各2セット)
⑤マグネット式ボタン

作り方
[PR]

by tomato_tomato1024 | 2007-05-25 20:21 | バッグの作り方  

*ミニマムバッグ 作り方 ②フェルト化*

d0105731_233732100.jpgフェルト化。ビニール袋をかぶせた手で、初めは優しく撫でるようにフェルト化させる。
*この時、羊毛がずれたりちぎれたりしないよう、しっかり洗剤液をかけ馴染ませておく。型紙の周囲も撫でるようにこすり、破れないよう特にしっかりフェルト化させる。

d0105731_23451813.jpg写真のように、まきすの手前に本体を置き、その上にめん棒を乗せて、しっかりキツク巻いていく。

d0105731_23461666.jpgキツク巻いたところ。

d0105731_2349829.jpg初めは優しく転がし、徐々に力を加えてフェルト化させる。度々まきすを開いて状態を確認。本体に洗剤液をかけながら手で整え、全ての方向(4方向)から巻いてフェルト化させる。同様に裏もフェルト化。
ここでフェルト化の度合いをチェック

d0105731_23512693.jpgフェルト化したら、水で洗剤を洗い流し、よく水気を切る。

d0105731_23542460.jpgバッグの入り口の部分をハサミで切る。

d0105731_23551090.jpg中から型紙を抜き、本体を裏返す。切り口をビニールでこすってフェルト化させる。
*切り口は避けやすいので、しっかりフェルト化。(写真:切り口をこすっている所)

d0105731_23573258.jpg写真:バッグの表になる面。こちらも同様にフェルト化させる。

d0105731_23582438.jpgフェルト化したら、先ほどと同様に、水でよく洗剤を洗い流す。手で絞ったら洗濯機で2~3分脱水。
写真:脱水して手で整えた所。

d0105731_003580.jpgアイロンをかけ形作る。バッグ本体の中に手を入れて、丸みを付けながら乾かす。
*写真左:中に入れるための丸めたタオル。↓で使用。

d0105731_025995.jpg中にタオルを入れ、アイロンで形を整える。この先は自然乾燥。
→本体形成はこれで終了☆

模様をつけるには・・・
[PR]

by tomato_tomato1024 | 2007-05-25 20:20 | バッグの作り方  

*フェルト化の度合いをチェック*

引っ張って羊毛がくっついてくるようなら、まだフェルト化していない。
d0105731_052264.jpg

同様に引っ張ると、全体が持ち上がるようになったら、フェルト化している状態。
d0105731_063311.jpg


注意:作るものにより、フェルト化の目安は異なります。バッグはしっかりと。マフラーなど柔らかく仕上げたい作品は、完全にフェルト化しない方が良い場合も。
d0105731_0295922.gif
[PR]

by tomato_tomato1024 | 2007-05-25 20:19 | バッグの作り方